大田区南馬込エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 馬込校】へお任せ下さい!

menu

大田区南馬込エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 馬込校】

都立高校入試における出題範囲の削減について

東京都教育委員会より、新型コロナウィルスによる休校に対する配慮として、
都立高校入試から、いくつかの単元が削除されると発表されました。

https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/admission/high_school/exam/release20200611_01.html

削除される項目は

国語
中3で習う漢字


数学
三平方の定理、標本調査


英語
関係代名詞、関係代名詞の省略


社会
『私たちと経済』の「国民の生活と政府の役割」、『私たちと国際社会の諸課題』


理科
『運動とエネルギー』の「力学的エネルギー」、『科学技術と人間』
『地球と宇宙』の「太陽系と恒星」、『自然と人間』

となります。

いやー、正直ここまで大幅に削るとは思っていませんでした。
面談時に間違った予測を話してしまい申し訳ありません。

それでは、これに対する当学院の対応ですが

国語
中3の漢字だけ除いた教材が無いので、これまで通り扱います。
私立ではもちろん出題されますし、語彙を増やす意味でも漢字は重要です。

数学
三平方の定理
高校数学が出来なくなるので基礎は扱います。
入試対策としては、もともと目標点が65点以上の生徒のみやっていました。
習った方が立体図形の問題は簡単に解けるようになるので、目標65点以上の生徒は今まで通り扱います。
標本調査
入試対策としては扱いません。
最後まで授業でやらない中学校も多いと思います。

英語
関係代名詞
英文を読むことが出来なくなってしまうので、全生徒今まで通り扱います。

社会・理科
学校で扱う場合のみ定期テスト対策として扱います、入試対策としては扱いません。

ということで、塾の授業はそれほど変わりません。
ですが、出題範囲の変更により、過去問を使った合否判断が難しくなります。
また、英語の関係代名詞の扱いが「設問として聞かれないだけ」なのか「長文の中に一つも関係代名詞が登場しない」なのかによって、問題のレベルが大きく変わります。
特に自校作成校は影響が大きくなります。
こちらについては、また情報が集まり次第ご報告させていただきます。

不明な点がありましたら、お気軽に教室までお尋ねください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 馬込校 フェイスブック
英才個別学院 馬込校 ツイッター
英才個別学院 馬込校 YouTube チャンネル
英才個別学院 馬込校 Google+