大田区南馬込エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 馬込校】へお任せ下さい!

menu

大田区南馬込エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 馬込校】

藤井聡太棋聖誕生に寄せて

17歳11カ月にしてのタイトル獲得
暗い話題が多かったこともあり、
メディアはこの話題で持ちきりとなりました。

私自身、将棋に詳しいわけではありませんが
どことなくシンパシーを感じてしまう藤井君をずっと応援していたので、
昨日のタイトル獲得は非常に嬉しいものでした。

ただ、同時に私の頭をよぎったのは

「藤井君と比較されて小言を言われてる生徒がいるだろうなあ…。」

ということでした(笑)

もちろん、学ぶべきところは多いのですが、
メディアでは良い部分だけ放送されているというのも事実です!

きっと藤井君も
いつまでも部屋を片付けなかったり、お風呂に入らなかったり、
学校からの書類を渡し忘れたり、苦手な科目の勉強を後回しにしたりして、
何度も怒られているはずです!

別に、藤井棋聖を貶める意図は全くないのですが…

どうしてこのようなことを書いたかというと
塾の仕事をずっとやってきて、ここ最近

「出来る子は何も言わなくても、自分から積極的に取り組んでいく」

と、考える親御さんが増えたなあと、思ったからです。

おそらく根性論的なものがメディアで忌避されたり
なによりSNSの発達により、良い部分だけが取り上げられる機会が増えたからなのではないかと思います

「出来る子は何も言わなくても、自分から積極的に取り組んでいく」

と言うのは、半分合っていて半分間違っています

どんなに優秀でも、一時期積極的にやることはできても、それを自力で継続できる生徒はいない

と言うのが私の意見です。

特に中学受験においては、周囲のサポート無しで継続的に勉強ができるのは千人に一人か、万人に一人かといったレベルです。
麻布や開成といった、トップ校出身の講師に話を聞くと異口同音に

「親が怖くて、勉強をしていた」

という言葉が出てきます。
どんなにタイプが違う人間でも同じです、中には東大を首席で卒業したという講師もいました。

きっとメディアで語られないだけで、藤井君も中学受験時代は何度も怒られたはずです!

ですので、メディアを見て

「なんで藤井君と違って、うちの子は言わないとやらないんだろう…。」

と、思わないようにお願いします!

言わないとやらないのは、普通の事です。もちろん頻度は若干違いますが。

ということで、

大変申し訳ありませんが、引き続きご家庭ではめげずに「何度も言う」ように、お願い致します。

生徒のフォローのように見えて、結果的に生徒は今まで通り怒られるという内容でした 笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 馬込校 フェイスブック
英才個別学院 馬込校 ツイッター
英才個別学院 馬込校 YouTube チャンネル
英才個別学院 馬込校 Google+