大田区南馬込エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 馬込校】へお任せ下さい!

menu

大田区南馬込エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 馬込校】

公立中の生徒向け、学校課題の取り扱いについて

お世話になっております。

テストが近くなると授業中に生徒から「学校の課題をやりたい!」
という声が出るようになります。

こうした要望に対するご対応について、
「塾に通わせているのに学校の宿題をやって帰ってきた!」
「分からないところを聞いたのに、教えてもらえなかった!」
と、誤解を招いてしまうケースがありますので、
教室の方針をお伝えさせていただきます。

まず、成績を上げるには演習量が何よりも大事です
学校の課題を授業中にやってしまうと、演習量が減ります
また、当学院では「塾で予習」→「学校の授業で復習」→「学校の課題で定着」
というサイクルを通じて成績の向上を図っています。
予習が滞るとこのサイクルが崩れてしまいますので、
学校の課題を授業中に解く、ということは行いません。

ですが、予習が一通り終わった後に、学校の課題を使って応用問題をやったり
確認テスト代わりに使って復習をしたりと、講師の提案で使用することはあります。
また、進捗管理をし易くするために、学校の課題を塾の宿題として、
期日を決めてだすこともあります。

学校の教材を授業で扱わないとなると
「分からないところを聞くのダメなの?」と思われてしまうと思いますが、
「分からないところを聞く」は問題ありません、授業中でも授業外でもどんどん質問してください。
ただし、「分からないところ」と言うのは、
「一度自分で解いた上で分からないところ」です。
真っ白なワークを持ってきて、「出来ないからやりたい」は、ダメです。

また、授業の進捗や次回の目標点によっては
「今その説明をすると時間がかかって予習が遅れてしまうので、予習が終わってからね」や
「その応用問題は、基本問題がちゃんと出来るようになってから手を付けよう」など
その場での対応をお断りする場合もあります。

時には「解答を赤ペンで写そう」という指導をする場合もあります。
理由を理解してもらえるように心がけてはいますが、
全問正解している状態がよい状態と思い、なかなか理解をしてもらえない場合もあります。

当学院では、個々の目標に対して優先順位をつけて指導をしております。
ご理解を頂きたいところではありますが、誤解を招きやすいところです。
教室の対応に疑問な点がありましたら、お気軽にご連絡を頂きたいと思います。

また、中高一貫校の生徒や、自力での学習が著しく困難な生徒につきましては、例外的に学校の課題を授業中に進めることもあります。こちらにつきましてはご理解を頂きたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 馬込校 フェイスブック
英才個別学院 馬込校 ツイッター
英才個別学院 馬込校 YouTube チャンネル
英才個別学院 馬込校 Google+